シボガードの効果を徹底検証しました。


シボガードが今なら限定価格でお試しできるチャンスです!

 

シボガードというサプリメントを聞いた事はありますか?

実は今テレビや雑誌でとても注目されているのです。

 

なぜかと言いますと、シボガードは食事の前に飲む事で脂肪の原因となる中性脂肪を抑えてくれる働きをするのです。

 

焼肉や、ラーメン、から揚げと言った脂っこい食事は体に悪いと思いながらもつい食べてしまいますよね。しかしその代償としてお腹周りの脂肪がどんどん増えてしまいます。

 

シボガードはそんなあなたにピッタリの「機能性表示食品」なんです。

 

食べる前に飲む事で中性脂肪を抑えるシボガード、今ならその効果がお得に試せるチャンスです!

 

公式サイトはこちらです。

 

シボガードはなぜ中性脂肪を抑える事が出来るのか?

シボガードには具体的にどんな効果、効能があるのか?副作用は無いのか?といった部分を解説していきますね。

 

まずシボガードのメインとなる成分ですが、これは「ターミナリアベベリカ由来ポリフェノール」と呼ばれる成分です。

このターミナリアベベリカ由来ポリフェノールが脂っこい食事で摂ってしまった脂肪を吸収して抑える働きを持っています。

 

中性脂肪と聞くとイコール贅肉と考えてしまう人もいるかもしれませんが、中性脂肪は体のエネルギーを作る為の重要な脂質です。

 

中性脂肪とは体内に4つある脂質のひとつです。中性脂肪の他にもリン脂質、糖脂質、ステロイドと呼ばれる資質があり、どれも体に大切なものです。

 

私たちの普段の食事の中には炭水化物や、動物性の脂肪を含む食事があります。その2つを主な原料として作られるのが中性脂肪です。

ファーストフードでの食事が多い方はどうしてもこの中性脂肪が溜まりやすい体質になります。

 

3大栄養素のひとつと呼ばれる中性脂肪ですが、なぜそう言われるかと言うと、中性脂肪は体を動かす大切なエネルギー源だからです。

しかしありあまるエネルギーを浪費できないとせっかく蓄えられたエネルギーは「脂肪」として貯蓄されるのでそれが肥満となります。

 

中性脂肪が増えると色々と体に影響が出てきます。その最も恐ろしいのが血液がどろどろになり、動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞といった事になる恐れがあります。

 

シボガードはターミナリアベベリカ由来ポリフェノールの働きにより体内に中性脂肪が吸収される前に抑えてしまうので無駄なエネルギーが蓄えられる事もなく済むと言う事です。

 

シボガードの効果はどれぐらいなのか?

ではシボガードの効果は実際どれぐらいなのか?という部分を数字を踏まえて解説したいと思います。

 

シボガードの販売会社であるハーブ健康本舗がWeb上に公開しているデータをみますとシボガードを食事前に飲む事により、食後に上がる血液中の中性脂肪がなんとピーク時では40%も抑える事が出来たと発表しています。

 

さらに対象食品との比較データーでは53%減少したと言う事です。

 

これらはシボガードの主要成分であるターミナリアベベリカ由来ポリフェノールが効果を発揮しているからです。

 

ターミナリアベベリカは広葉樹で原産国はインドです。

 

インドにはアーユルベーダーと呼ばれる医学があり、その医学では肝臓を保護する為にターミナリアベベリカが使われていたと言われています。

使われていた理由は強い抗酸化作用をターミナリアベベリカは持っているからです。

 

ターミナリアベベリカにはポリフェノールと呼ばれる植物が光合成をする時に形成される成分が入っています。

 

このポリフェノールは活性酸素を無毒化すると言う事で最近注目されています。

 

活性酸素を無毒化すると何が良いのか?といいますと、無毒化しないと活性酸素は人間の体を守る大切な物質なのですが、ストレスや禁煙により活性酸素が体内のたんぱく質やDNAを破壊してしまうのです。

 

このように活性酸素が悪性活性酸素にならないように無毒化する役目をするのがポリフェノールです。

 

このポリフェノールを沢山含んでいるのがターミナリアベベリカなのです。

 

ターミナリアベベリカが中性脂肪を抑えるメカニズム

では次にシボガードのメイン成分であるターミナリアベベリカがなぜ中性脂肪を抑える事ができるのか?と言う部分を解説していきます。

 

普段の食事から得た資質は小腸で分解されて中性脂肪として全身に行き渡ります。そしていつでもエネルギーとして使えるように体脂肪として貯蔵されます。

 

運動不足の方はこのエネルギーを使う事がないので、どんどん体脂肪だけが溜まっていきます。これが肥満体の元ですね。

 

ではどうすれば良いのか?

 

食事から体内に脂質が入ってくるのを防ぐ事はできません。しかし入ってきた脂質が小腸で分解されて中性脂肪となる前に抑えてしまおうというのがシボガードのメカニズムです。

 

ここで活躍するのがターミナリアベベリカ由来ポリフェノールです。ターミナリアベベリカ由来ポリフェノールは食事の際に摂取した脂質が小腸で分解されるのを阻害する働きをします。これにより体内に体脂肪として蓄えられる前に排出する事が可能となるのです。

 

シボガードはコレステロールも下げる

中性脂肪の数値が上がってくると同じように上がってくるのが「悪玉コレステロール」です。

 

悪玉コレステロールが多くなると動脈の中に血栓が出きてしまい、心筋梗塞や脳卒中と言った病気になってしまう事があります。

 

コレステロールには悪玉コレステロール以外にも善玉コレステロールと呼ばれるコレステロールがあります。この2つのコレステロールは互いにバランスを取り合う事により、体を健康に保つ働きをします。

 

従って悪玉コレステロールが一概に悪いとは言えません。

 

しかし中性脂肪が増える事によりこのバランスが崩れてしまい、悪玉コレステロールの方が善玉コレステロールよりも多くなってしまうという現象が起こってしまいます。

 

シボガードは中性脂肪を抑える効果がありますので、同時に悪玉コレステロールの増加も軽減する事ができます。

 

シボガードに副作用は無いのか?

シボガードは中性脂肪を抑える効果のある素晴らしい商品ですが、副作用は大丈夫なのか?そこが心配なところですよね。

 

シボガードは「機能性表示食品」と呼ばれる食品でよくある「健康食品」ではありません。一般的なサプリメントは健康食品なのであまり効果を感じられる物が少ないのが現状です。

 

シボガードは消費庁にきちんと臨床データーも提出し、認可を受けた食品です。ですので安全面では心配ありません。

 

しかしシボガードが必要無い人、即ち体脂肪が少ない方ですね。痩せている方などはシボガードを飲むと中性脂肪が減りますのでエネルギーが少なくなります。

 

それにより体力が無くなったり、疲れやすくなるという場合がありますのでシボガードは必要ないかと思われます。

 

さらに妊娠中や、授乳中といった沢山栄養を摂らないといけない方にもオススメできません。

 

シボガードの評判は?

 
私は普段建築関係の仕事をしています。職場の仲間も私もビールが大好きで仕事終わりにはよくみんなで飲みにいきます。その時どうしてもから揚げや焼き鳥と言った脂の多い物を食べてしまいます。仕事柄体力は使うので脂肪もつかず、消費するだろうと思っていましたが、40歳を過ぎてからはなかなかそうもいかず、お腹周りの脂肪が悩みでした。そんな時職場の仲間が居酒屋で飲む前にシボガードを出していたので気になって教えてもらったのがきっかけです。今ではシボガードのお陰で安心して毎日仲間と楽しく飲む事が出来ています。
 
保険の営業をしています。毎日忙しくて食事をする時間があまりありません。そこでついついファーストフードなど手軽な食事をしてしまいます。朝はパン一枚で、昼はハンバーガー、夜はパスタといった炭水化物の多い食生活です。もっと野菜を摂らないとと思っては要るのですが、どうしても食事を作る時間もなく、不摂生でした。シボガードは母が元々飲んでいたので知っていました。母から勧められて飲み始めましたが、2ヶ月ぐらいするととても目覚めがよく、体調がよくなりました。今でもファーストフードが中心の食生活ですが、以前よりもだるさが無く、元気に働けるようになりました。
 
私は専業主婦なので日中は家に居ます。家事の後のお菓子が大好きでどうしても毎日間食してしまいます。スナック菓子はとても油が多いのでどうしても吹き出物が出たり、下半身だけ脂肪がついていました。お菓子を減らしたりしましたがあまり効果がありませんでした。そんな時のお隣の奥さんが教えてくれたのがシボガードです。お隣の奥さんはご主人用に毎月購入されているのですが、私が脂肪で悩んでいるのを知って教えてくれました。飲み始めてしばらくしたらぽこんとしたお腹がすっきりしてきました。そしてニキビも減りとても体が軽くなりました。

 

シボガードに対する疑問にお答えします。

1日何粒飲めばいいのでしょうか?
シボガードは1日4粒で最大限の効果を発揮するように作られています。1日数回に分けて飲むのではなく「1回」で4粒飲むと効果があると表記されています。

 

シボガードを飲むタイミングは?
シボガードは食事の後の中性脂肪の上昇を抑える食品なので、食事前や飲酒前に飲むのがベストです。

 

機能性表示食品とは?
一般的なサプリメントである健康食品は効果、効能を明記する事ができません。それは検証されたデーターなど実証できる物が無いからです。しかし機能性表示食品とは実際に効果があった臨床試験データーを消費庁に提出し、正式に効果があると認定された食品です

 

ダイエットにも使えますか?
ダイエットしたいと言うのは脂肪がついているからだと思います。ついてしまった脂肪を減らす事は出来ませんが、これから脂肪がつかないように予防する事はシボガードで可能です。

 

どれぐらいの期間飲めばいいですか?
人間の体には細胞が沢山あり、その細胞は新しく生まれ変わっています。脂肪のつきやすい肝臓は大体2ヶ月ぐらいで新しいものに入れ替わると言われていますので、2ヶ月ぐらいは飲まれた方がよろしいかと思います。

 

シボガードはどこで購入できるのか?

今の時代ほとんどの物がアマゾン、楽天、ヤフーショップと言った大手ショッピングサイトで購入する事ができます。

 

しかしシボガードは販売元である株式会社ハーブ健康本舗が運営しているスッキリライフ通販でしか購入できません。

 

多くの健康食品は数多く売りたいので販売代理店などを使っています。そしてその代理店が仕入れた商品をアマゾンや楽天で販売しています。

 

しかしこのやり方は金額の下げあいとなり、同じ商品なのに高く買った人、安く買った人と言うように顧客の不満を増大させてしまいます。

 

そこでハーブ健康本舗は完全に自社販売のみとしてお客様目線での販売を心がけています。

 

シボガードの効果をまずは手軽に試してみたいと言う方は今なら公式サイトでキャンペーンを行っていますのでお安く購入する事ができます。

 

よくある定期購入の縛りもありません。1袋だけの単体購入も可能となっていますので安心してお買い求め頂けます。

 

中性脂肪を気にせず、思いっきり食事をしたりお酒を飲みたい!と思っているのであればこの機会にぜひシボガードの効果を試してみてください!

 

公式サイトはこちら